過敏性腸症候群 腰痛

意外に多い腰痛の併発

過敏性腸症候群からの腰痛

 

過敏性腸症候群では、下痢便秘腹痛などを訴える人が多いのですが、中には腰痛を訴える人もいます。

 

腰痛と過敏性腸症候群は、まったく関係がないように思われるのですが、実は深い関係があり、過敏性腸症候群になった場合、いつ腰痛を併発してもおかしくない状況なのです。

 

過敏性腸症候群は、主に脳のストレスによる影響で腸の働きが低下することで起こる病気です。

 

腹痛や下痢、便秘などの腸に関係する症状がほとんどです。

 

ですから、腰周辺の筋肉や骨に痛みが出る腰痛は、一見、過敏性腸症候群とは関係がないように思われます。

 

しかし、腰痛と過敏性腸症候群の関係は深く、実際、過敏性腸症候群で悩む患者の中には腰痛を併発する人も多くいます。

 

筋肉痛や関連痛が腰痛につながる

過敏性腸症候群で腰痛を併発する原因の一つに、お腹周辺の筋力が弱くなることが挙げられます。

 

1日に何度もトイレに駆け込む下痢型の過敏性腸症候群の患者は、腹筋が次第に弱くなります。

 

風邪などの病気で下痢症状がひどいときなど、トイレに何度も行くだけでかなり体力を消耗して、お腹にも力が入らなくなりますが、過敏性腸症候群の場合、このような状態が長く続くので、腹筋が低下してしまうのは当然のことです。

 

このようにお腹の筋力が低下してしまうと、姿勢も悪くなり背骨や内臓などが正しい位置で保たれにくくなります。

 

これが腰痛になりやすくなる原因です。

 

下痢型の過敏性腸症候群のケースでは、頻繁にトイレに行くことで腹筋が低下することが腰痛の原因になっているのですが、便秘型のケースではトイレでいきむ習慣がついていることが腰痛を招く原因となっています。

 

なかなか便が出ないので、腰に力を入れていきむ習慣がついてしまします。

 

普通の人がトイレに入るときよりも腰への負担が大きくなり、これが腰の痛みを引き起こしていると考えられます。

 

便秘型の場合、強くいきむことが多いために、腸や肛門を傷つけることも多いため、いきみすぎないように心がけることが大切です。

 

過敏性腸症候群で腰痛が現れる場合、内臓痛からくる関連通である可能性も考えられます。

 

関連痛とは、同じ場所や近い場所にある神経が刺激されることで、脳が他の部位の痛みであると勘違いしてしまうことで起こる痛みのことです。

 

例えば、かき氷を食べたときには咽頭の神経が刺激されているのですが、痛みを感じるのはこめかみです。

 

かき氷を食べたときに起こるキーンとしたこめかみの痛みも関連通です。

 

過敏性腸症候群の場合には、腰の痛みとなっている原因が大腸の痛みであるということです。

 

腰周辺にある筋肉は、自律神経も多くあります。

 

腰周辺の筋肉の緊張や痛みがさらに他の神経にも影響を及ぼし、これが腸にも影響して、過敏性腸症候群の症状が悪化するという悪循環を招く可能性も高いです。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ