過敏性腸症候群の市販薬

市販薬を上手に活用する

市販の薬を飲む女性

 

急な腹痛や下痢などで悩まされる過敏性腸症候群は、市販薬で対処するのも一つの手です。

 

比較的軽い症状のときには市販薬でもかなりラクになります。

 

しかし、市販薬を自分の判断で長期にわたって使用することは危険です。身体への負担になったり、副作用も懸念されます。

 

また、市販薬では根本的な解決にはならないので、過敏性腸症候群の症状がいつまでも続き症状が悪化する危険性も高いです。

 

市販薬は症状を一時的に緩和するためのものと知って、上手に利用することが大切です。

 

下痢症状を緩和する市販薬

過敏性腸症候群の下痢症状を緩和するためには、腸内の働きを抑える作用があるものや、腸内を殺菌する作用があるもの、収れん性止瀉薬や乳酸菌製剤などの、いろいろな種類の下痢止めの薬があります。

 

過敏性腸症候群による下痢症状は、腸管の過剰な蠕動運動やゆるみが起こるなど、腸管の働きが異常になっていることが原因です。

 

ですから、過剰になった腸の働きを抑制する作用がある市販薬を選ぶのがポイントです。

 

形状などもさまざまな市販薬があるので、飲みやすいタイプのものを選びましょう。

 

便秘症状に適した市販薬

過敏性腸症候群による便秘は、痙攣性の便秘です。

 

一般的な便秘で使用されるセンナやダイオウなどの刺激性の成分が配合された下剤は避けてください。これらの成分は、腸の働きを促進する作用があるので、ますます便秘が悪化する可能性があります。

 

過敏性腸症候群の痙攣性便秘には、腸内に水分を溜める作用がある塩類下剤がおすすめです。

 

専用の市販薬

他に、過敏性腸症候群専用の市販薬もあります。

 

これは再発症状改善薬というもので、薬剤師がいる薬局でのみ購入することが出来ます。

 

医師から過敏性腸症候群であると診断されたことがある人だけが服用できる市販薬で、下痢や便秘、腹痛など、過敏性腸症候群によるあらゆる症状を抑える効果が期待出来ます。

 

これらの市販薬は、腹痛や下痢、便秘などの症状を緩和してくれるものですが、過敏性腸症候群の根本的な改善を目指すものではありません。

 

根本的な原因となっているストレスを解消したり、食事や運動療法によって自然な排便リズムが出来るよう根本原因を改善していくことも大切です。
市販薬を利用することで、症状によるストレスも緩和されるので上手に取り入れることが大切です。

 

市販薬はいつでも気軽に薬局などで購入できるため、服用するのが習慣になる恐れがあります。

 

使いすぎると次第に効き目が弱くなり、服用する量が多くなり腸への刺激になり症状が悪化する可能性もあります。

 

市販薬でも使いすぎは、身体への副作用が強くでるので自己判断で長く飲み続けるのは避けましょう。

 

市販薬は、自然な排便リズムを狂わせてしまうものであることも知っておいてください。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ