過敏性腸症候群 漢方

漢方はじっくり続けてみること

漢方薬のイメージ

 

過敏性腸症候群の治療では、漢方薬を試してみるのもおすすめです。

 

漢方薬には下痢や便秘などの改善に役立つものもたくさんあります。

 

さまざまな生薬を組み合わせて作られるのが漢方薬で、症状に対する効果だけでなく身体の自然治癒力を高めてくれる効果が期待されます。

 

症状の一時的に対処するだけでなく、根本的な原因を解消してくれる働きがあることが漢方薬の魅力です。

 

即効性はあまり期待できないものですが、じっくり長く続けることで、体質改善ができ、過敏性腸症候群の根本から解決することが出来ます。

 

過敏性腸症候群に使われる生薬

過敏性腸症候群の治療では、抗ストレス作用がある柴胡、牛黄、気を補う作用がある人参、白朮、鎮痛や鎮痙作用のある芍薬、甘草などの生薬が使用されます。

 

過敏性腸症候群の治療でよく使用される代表的な漢方薬は、「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」です。

 

これは、過敏性腸症候群の治療で最も多く利用される漢方薬で、便秘型にも下痢型にも、下痢と便秘を繰り返す混合型の症状にも有効です。

 

「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」は、桂枝加芍薬湯に大黄がプラスされたもので、便秘傾向で、強い腹痛がある場合に使用されます。

 

「人参湯(にんじんとう)」は、慢性的な下痢型の人に利用されます。

 

「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」は、下痢、便秘型、混合型に使用され、便やおならの臭いが強い人などにも使用されます。

 

更年期障害の治療で使用されることが多い「加味逍遥散(かみしょうようさん)」も過敏性腸症候群の治療で使用されることがあります。

 

「甘草瀉心湯(かんそうしゃしんとう)」は、下痢や便秘、混合型といった症状以外に、イライラや不安感がある人は、下痢の頻度が多い人、腹部から音がする腹鳴の症状がある人などに使用されます。

 

「真武湯(しんぶとう)」は、身体を温める作用がる漢方薬で、冷え性や疲れやすい人に使用されます。

 

疲労性の下痢や便秘、混合型に使用され、同じ作用がある人参湯と併用されることもあります。

 

自分に合ったもので体質改善を

過敏性腸症候群で利用される漢方薬は、それぞれの体質や症状に合わせたものなど、実にさまざまな種類があります。

 

市販の下剤や下痢止めのような即効性は期待できないものの、副作用の心配もなく過敏性腸症候群の根本的な原因である体質改善に役立つことが一番の魅力です。

 

漢方薬の専門店などで自分に合ったものを選んでもらい、ある程度の期間じっくり服用してみましょう。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ