過敏性腸症候群 吐き気

ガスと自律神経の乱れが吐き気につながる

男性が吐き気をおさえている様子

 

過敏性腸症候群は、主な症状として、下痢や便秘、腹痛等がありますが、それと同時に吐き気を伴うこともあります。

 

過敏性腸症候群による吐き気は、お腹の中に溜まったガスや自律神経の乱れなどが関係しています。

 

常に吐き気がある人もいれば、食事をしようとしたときにだけ吐き気を感じる人、または、食後に吐き気を感じる人もいるようです。

 

吐いてしまってスッキリしたいのに吐くことができなかったり、思わぬところで吐いてしまったりと、お腹の痛みや下痢などと同様に自分ではコントロールできない吐き気はとても辛いものです。

 

過敏性腸症候群の症状では、おならが頻繁に出たりお腹の張りが強く見られる人もいます。

 

この腹部に溜まったガスが吐き気の原因となっています。

 

ガスがたくさん溜まると次第に胃を圧迫するようになり、吐き気をもよおしてしまいます。

 

お腹の張りを感じたり、おならがよく出るタイプの過敏性腸症候群では、吐き気も伴うことが多いです。

 

また、自律神経の乱れも吐き気の原因となっています。

 

過敏性腸症候群そのものがストレスによる自律神経の乱れが大きな原因とされています。

 

ストレスによる自律神経の異常により腸の働きを悪くしてしまう他、不安やイライラなども増幅してしまうために、これが吐き気につながるのです。

 

吐き気により食事がしっかり食べられない、または食事中に吐き気を感じる人は他人と一緒に食事をすることが出来なくなるなどの辛い状況になります。

 

そのような状況が悪化すれば、食事そのものがストレスになり吐き気もより強くなるという悪循環になります。

 

自律神経を整えるための治療が必要

過敏性腸症候群による吐き気は、胃腸の薬だけでは対処できません。

 

自律神経を整えるための治療薬なども必要になり、状況が深刻であれば、心療内科の受診を薦められる場合もあります。

 

また、吐き気のある方はめまいや頭痛などの症状を訴えることも多いです。

 

めまいも吐き気と同様に、ストレスによる自律神経の乱れが影響しています。

 

下痢や便秘、腹痛、膨満感といった症状だけでなく、吐き気やめまい、頭痛などの腸の働きには関係のない症状も現れます。

 

特定の症状が強く現れる人や、いくつかの症状が同時に現れる人もいます。

 

過敏性腸症候群ではいろいろな症状があるものの、どれも根本的な原因は、ストレスによって身体の働きをコントロールしている自律神経の働きが乱れていることです。

 

どの症状も長引くことでよりストレスも大きくなるという悪循環になるので、吐き気やめまいなどの些細な症状も見過ごさないようにしましょう。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ