過敏性腸症候群ガス型

ガス型女性の悩みは深い

突然の腹痛を感じる女性

 

過敏性腸症候群には、下痢型や便秘型、混合型のタイプとさらに、ガス型と呼ばれるタイプがあります。

 

ガスというのは、つまりおならのことです。

 

特に女性は、おならは人前ではとても恥ずかしい症状なので、周囲の人にもなかなか相談できず、一人で悩みを抱える人も多いようです。

 

過敏性腸症候群のガス型は、おならが頻繁に出ることが大きな特徴です。また、お腹の張りが苦しく、お腹の中でガスが動くことで痛みを感じるなどの症状も見られます。

 

他に、下痢の症状が同時に現れる人も多いです。

 

過敏性腸症候群のガス型の場合、おならが臭いことも特徴です。

 

健康な腸内環境であれば、おならもそれほど臭うこともないのですが、過敏性腸症候群の場合には、ニオイがきつくなることも悩みの一つです。

 

静かな場所でおならが出てしまったらどうしよう、おならが臭いので周囲に迷惑をかけてしまう、などの不安が常につきまとうようになり、これが精神的なストレスを大きくしてしまうケースが多いです。

 

特に女性は人前でおならをすることはとても恥ずかしいことですから、そのようなことがあった場合の精神的な悩みはとても大きくなります。

 

過敏性腸症候群のガス型では、メンタル面のダメージがとても大きくなることも特徴です。

 

過敏性腸症候群は、ガス型に限らず、下痢型も便秘型でもどのタイプでもストレスが大きく関係しています。

 

緊張やストレスなどで呼吸が乱れて、無意識のうちに空気をたくさん吸っていることや、ストレスなどで腸の働きが強くなりガスを大量に発生させることや、腸内環境の悪化により腸内にガスがたくさん発生することが原因となっています。

 

ガス型の改善に必要なこと

ストレスや食生活、生活習慣などが関係している過敏性腸症候群の症状は、改善するためにもいろいろな角度からのアプローチが必要になります。

 

効果的なのは適度な運動です。ランニングやウォーキングなど、適度な運動をすることでガス溜まりを改善することが出来ます。

 

また、運動をすることでストレスも解消されるというメリットもあります。

 

腸内環境を改善するために食事の見直しも大切です。食物繊維を豊富に含む野菜や海藻類をたくさん食べたり、ヨーグルトやお味噌などの発酵食品もたくさん取り入れると良いでしょう。

 

カフェインやアルコール、たばこ、ガムや炭酸飲料は、症状を悪化させ、おなかの回数を増やす原因となるので控えた方が良いでしょう。

 

過敏性腸症候群は、症状の改善に時間がかかることが多いので、症状が悪化しストレスも大きくなる前に専門医に相談することも大切です。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ