過敏性腸症候群の原因

原因不明の腸の病気の総称

腹部の痛みを感じる女性

 

過敏性腸症候群は、原因不明の便秘や下痢などの便通異常や、お腹の張り、腹痛などの症状が見られる病気です。

 

1930年代には、このような原因不明の症状をまとめて大腸炎と呼んでいたのですが、それが刺激結腸と呼ばれるようになり、今の過敏性腸症候群という病名になったのは1960年代の後半くらいからです。

 

過敏性腸症候群は、大腸運動や分泌機能の異常で起こる病気の総称で、レントゲンや内視鏡検査をしても何も異常が見られず、原因もさまざまなことが考えられています。

 

主な原因とされるストレス

主な原因とされているのがストレスです。

 

脳と腸には深い関係があります。

 

腸脳相関とも言われるほどに密接な関係があり、腸には脳と同じ神経がたくさん分布しており、これらの神経は自律神経でつながっているのです。

 

ですから、日常生活の中で脳が不安や緊張感などのストレスをたくさん受けると、腸にも大きな影響が及びます。脳からのストレスが自律神経を介して、胃や腸にまで伝わっていくのです。

 

脳のストレスが、胃腸の運動異常を引き起こし、これが腹痛やお腹の不快感、さらに下痢や便秘などの便通異常を発生させているのです。

 

また、突然の下痢や慢性的な便秘といった、不安定な腸の状態は、自律神経を介して脳にストレスを与えることになります。

 

つまり、脳腸相関により、脳からと腸のストレスが悪循環となり、いつまでも症状が長引き慢性化してより症状も深刻になっていくのです。

 

また、過敏性腸症候群の症状が続くと、腸もとても敏感になってしまうので、少しのストレスでも過剰に反応するようになり、また反対に少しの腹痛や違和感までも脳が敏感にキャッチしてしまいます。

 

これによりストレスも症状もさらに増幅してしまうという、とても厄介な病気が過敏性腸症候群なのです。

 

その他の考えられる原因

過敏性腸症候群の原因は、こういったストレスだけではありません。

 

暴飲暴食といった乱れた食生活や睡眠不足などの基本的な生活習慣の乱れも過敏性腸症候群の原因となっています。

 

過敏性腸症候群の医療機関での治療では、下痢や便秘などの症状を緩和するためのお薬や安定剤などの薬が処方されるほか、食事や睡眠、運動といった生活リズムを改善するためのアドバイスがあります。

 

ただ、過敏性腸症候群は、その人の性格なども大きく影響しています。

 

つまりストレスを感じやすい人や、感情表現が苦手な人ほど過敏性腸症候群になりやすいことが分かっています。

 

心理的なケアも必要になる過敏性腸症候群は、治療をしても完治するまで時間がかかることも多いです。

 

症状が悪化してしまう前に、専門医に相談することが大切です。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ