過敏性腸症候群の腹痛

腹痛に便意が伴うのが特徴

過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛と腹部の不快感、そして便通異常が挙げられます。

 

腹痛は、左下の腹部に現れることが多いのですが、痛みが起こる部位が一定しないケースも多いです。

 

発作的にさしこむような痛みがある場合や、鈍い痛みが長く続くケースがあります。

 

このような腹部の痛みには、便意を伴っていることがほとんどで、排便があった後には腹痛も一時的に軽くなることが多いです。

 

過敏性腸症候群の腹痛や腹部の不快感は、食事によって誘発されることが多く、睡眠中にこれらの症状が起こることがないということも特徴的です。

 

過敏性腸症候群の症状では他に、腹部の膨満感やおならが頻繁に出る、お腹がゴロゴロなるなどもあります。

 

疲労感や頭痛、抑うつや不安感などの消化器系以外での症状も伴います。

 

3つのタイプそれぞれの症状

過敏性腸症候群には、症状の特徴に応じて3つのタイプに分けられています。

 

突発的に下痢が起こることが特徴の「下痢型」があります。

 

不意に便意に襲われるこのタイプは、通勤や通学をはじめ、外出すること自体が不安になり、この不安感がさらに症状を悪化させてしまいます。

 

腸管がけいれんして便が停滞してしまう「便秘型」は、排便が非常に困難になり、ウサギの糞のような便しか出なくなります。

 

下痢と便秘を交互に繰り返す「交代型」もあります。

 

過敏性腸症候群による腹痛には、このような特徴があります。

 

似た症状の他の病気との違い

これらの過敏性腸症候群の特徴は、他の病気の特徴ともあてはまります。

 

ですから、他の病気の可能性も確認しておくことが大切です。

 

過敏性腸症候群の症状と間違われやすいのが「乳糖不耐症」です。

 

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなり、下痢を起こすなどの症状があります。

 

消化不良が原因の下痢をしたことで腸が敏感になり乳糖不耐症になるケースもあります。

 

牛乳を飲むことが腹痛や下痢の原因になっているかどうかで、見分けることが出来ます。

 

過敏性腸症候群の症状が当てはまる病気には「大腸ポリープ」や「大腸がん」もあります。

 

この場合、血便も見られます。

 

他に大腸の粘膜に炎症が起こる「潰瘍性大腸炎」や、風邪や食中毒などの感染によって起こる「大腸炎」でも似たような症状が起こります。

 

潰瘍性大腸炎は、下痢や腹痛が主な症状で、発熱や血便が出ることも多いです。

 

細菌やウイルス感染、降圧薬などの薬の服用でも大腸炎を起こし、下痢や腹痛を起こします。

 

過敏性腸症候群の症状は、いろいろな病気とも似ているので、まずは病院で異常がないかどうか調べてもらうことが大切です。

 

検査をしてみて異常が見られない場合には、ほぼ過敏性腸症候群であると思って間違いないでしょう。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ