過敏性腸症候群の治療

まずは専門家に相談を

検査をしても何も異常が見つからない過敏性腸症候群は、ストレスが大きな要因とされています。

 

原因となっているストレスに思い当たることがあっても、なかなか自分ひとりではストレスのある生活を改善するのは難しいですから、過敏性腸症候群の治療も自分だけでは限界があります。

 

専門の医師に相談してみて、過敏性腸症候群の疑いがあると診断されれば、適切な治療が行われ症状も徐々に緩和されていきます。

 

1人で悩むよりも、専門医に早く相談してみることが大切です。

 

薬物療法と生活療法

医療機関では、治療薬による薬物療法と、食事や運動療法によるライフスタイルの改善が過敏性腸症候群の治療で主に行われています。

 

まず薬物療法では、腸内環境を整えるための「乳酸菌製剤」や、消化管の働きを活発にしたり抑制したりする作用がある「消化管運動調整薬」、他に、腹痛の原因となっている腸の異常な働きを抑える作用がある「抗コリン薬」などが処方されています。

 

過敏性腸症候群には下痢型と便秘型、混合型の人がいるので、それぞれの状態に応じた薬も処方されます。

 

便秘型や混合型の人には、腸の運動を良くして便を柔らかくする下剤や、「高分子重合体製剤」という便の形状を改善して便通を整える作用がある薬が追加されることもあります。

 

他に、「セロトニン3受容体拮抗薬」という治療薬が処方されることもあります。これは腸で分泌されるセロトニンの働きを抑える作用がある薬です。

 

ストレスを受けると脳から腸に信号が送られ、セロトニンが過剰に分泌されるのですが、これが腸の運動異常を招きます。セロトニン3受容体拮抗薬を使用することで、より確実に過敏性腸症候群の改善が期待できます。

 

また、ストレスが大きい人には抗不安剤や、落ち込みやうつ状態がある人には抗ウツ薬なども処方されたり、心療内科でカウンセリングを薦められることもあります。

 

医療機関での過敏性腸症候群の治療では、このような治療薬と同時に、食事療法と運動療法をメインとした生活習慣の改善も指導されます。

 

食事は規則正しく毎日決まった時間に食べることや、栄養バランスを考えて暴飲暴食しないことが基本となります。

 

また、睡眠や休息なども十分に取り、ストレスを溜めないことなど、基本的な生活リズムを整えるようにと指導されます。簡単にできるストレッチや体操、散歩などの軽い運動も生活に取り入れると効果的です。

 

適度な運動を心がけることで、腸の働きが整えられ、ストレス解消にもなります。

 

心と体の両方からの治療が必要になる過敏性腸症候群は、改善されるまでに時間がかかることが多いですが、ゆっくりと焦らないで取り組んでいくことが大切です。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ