過敏性腸症候群の症状チェック

過敏性腸症候群が長引く理由

過敏性腸症候群の症状をチェックする

 

たかが腹痛と見過ごされやすいのが過敏性腸症候群です。

 

慢性的な腹痛や、繰り返す下痢や便秘におかしいな、とは思っていても、次の日にはすっかり良くなっていたり、トイレを済ませるとスッキリしてしまうので、あまり気にしていない人も多いようです。

 

しかし、そのまま放置しておくと、さらに腸が過敏になり症状が悪化し、生活にも支障をきたすケースも多いです。

 

過敏性腸症候群は、お腹の痛み下痢便秘で悩まされていても病院での検査では何も異常が見つかりません。

 

つまり、過敏性腸症候群は心の問題が大きく影響しており、なかなか自分でも重症化しないと対処しようと思わないことも過敏性腸症候群が長引く原因となります。

 

過敏性腸症候群は、検査をしても数値的な異常がないために、症状を見ながらの診断にあります。

 

過敏性腸症候群の国際的診断基準

過敏性腸症候群には、国際的診断基準というものがあるので、自分にあてはまるかどうか、チェックしてみてください。

 

まず、腹痛やお腹の不快感が1か月に3日以上あり、それが3か月以上続いていることが挙げられます。

 

また、次の3つの項目から2つ以上当てはまることです。

 

1.腹痛やお腹の不快感があっても排便すれば症状が軽くなる
2.腹痛やお腹の不快感が、下痢や便秘などの排便の変化によって始まる
3.腹痛やお腹の不快感が、いつもとは違う柔らかい硬いといった便の形態の変化で始まる

 

さらに、検査をしても腸に炎症を起こしていたり腫瘍が見つかるなどの異常が見られないということも判断基準となります。

 

これらすべてに当てはまる場合には、過敏性腸症候群と診断されます。

 

簡単なセルフチェックポイント

もっと分かりやすい以下のようなチェックポイントも紹介しましょう。

 

・腹痛を伴う下痢が頻繁に起こる
・便秘がちであったり便秘や下痢が交互に起こる
・排便があってウサギの糞のようなコロコロとした便が出る
・腹痛があっても排便後にはすっきりとしている
・トイレに行けない状況に限ってお腹が痛くなったり便意をもよおす
・お腹の調子はいまひとつでも食欲は普通にある
・排便しても残便感がある
・寝ているときや休日には症状が出ない

 

この中のどれか1つでも当てはまるものがあり、それが定期的にあり1か月以上続いているようなら過敏性腸症候群の可能性があるので注意が必要です。

 

過敏性腸症候群は、脳が感じるストレスが腸に伝わり下痢や腹痛などの症状として現れている病気です。

 

症状が続けばそれだけストレスも大きくなり腸も過敏になり、改善しにくくなります。

 

ここで紹介したチェック項目に思い当たることがある人は、ストレスを溜めないよう十分な休息を取るなど早めのケアをしましょう。

 

あなたの過敏性腸症候群は本当はカビが原因?詳しくはこちらへ