過敏性腸症候群とカンジダ症

カビの仲間カンジダ真菌とは?

過敏性腸症候群は、単なるストレスの問題として片付けられることが多いようです。

 

しかし、最近の研究で分かりつつあるのは、目に見えない真の敵がいて、それが過敏性腸症候群を引き起こしているのではないかということです。

 

その目に見えない敵こそ、カンジダ真菌と呼ばれるカビの仲間です。

 

カンジダ真菌のイラスト

 

カンジダ真菌は、誰の体内にも棲息する通常は無害な細菌です。

 

ところが、免疫力の低下や加齢、薬や抗生物質の多様など幾つかの条件が重なると、異常に増殖します。

 

カンジダ菌の異常増殖は、膣カンジダ炎や口腔カンジダなどの病気を引き起こすことで知られています。しかし、実際にはもっと広い範囲で様々な病気と関係していることが分かってきています。

 

勢力を強めたカンジダ菌によって、体のあちらこちらに炎症反応が起きたり、臓器に負担がかかるので、それが病気や体調不良につながるのです。

 

カンジダ菌が引き起こすリーキーガットと過敏性腸症候群

カンジダ菌が異常増殖すると、腸に炎症が起き、やがてはリーキーガット症候群と呼ばれる状態になります。

 

リーキーガット症候群になると、腸の壁に穴が開き、通してはいけない有害物質や病原菌をノーチェックで体内に侵入させてしまいます。

 

これは健康にとっては大問題ですから、わたしたちの体は本来備わっている自己治癒力で必死に抵抗します。

 

たとえば、侵入してくる有害物と戦うために、体内に「抗体」と呼ばれる防衛部隊が配備されます。

 

しかし、食物などを通して口から次々取り込まれる化学物質や細菌類を防ぐのはキリがありません。

 

やがて防衛システムが過剰になっていき、無害な食物や物質に対しても過敏に反応するようになります。

 

これが、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、花粉症や喘息などアレルギー性の疾患につながります。

 

さらに、毒素を解毒する臓器である肝臓や腎臓は、体内に入った有害物を解毒するために休みなく働き続け、やがては過労気味になります。

 

このような肝臓や腎臓の疲弊が、慢性的な疲労感につながっていきます。

 

疲れきったOL

 

こうした過敏な防御反応や臓器の受けるストレスが、過敏性腸症候群の様々な症状にもつながっていると考えられるのです。

 

リーキーガットを放置するとどうなるか?

リーキーガットを放置すると、単に腸が過敏になるだけでなく、健康面で以下のような影響があります。

 

体調を壊す食べ物が増えていく

トイレを我慢する男性

 

カンジタ菌やリーキーガットによって腸の粘膜の透過性が高くなると、未消化の食物がどんどん血中へと入っていきます。

 

既に述べたとおり、これがアレルギー反応を引き起こす原因となります。

 

このような腸の粘膜の弱さによって生じる食物アレルギーは、遅延型フードアレルギーと呼ばれています。

 

この状態を放置したままにすると、様々な種類の食物に対しての抗体がつくられてしまいますから、アレルギー反応を引き起こす食材が日ごとに増えていくことになります。

 

遅延型フードアレルギーでは、特に「好きな食べ物」や「いつも食べている物」が原因物質となりやすいといわれています。

 

例えば、パンが好きで毎日のように食べていると、ある時からパンを食べるたびに疲労感や胃腸の不調を感じるようになるわけです。

 

パンに反応するということは、小麦に対してフードアレルギーが生じていますから、ほとんどの麺類も食べられなくなります。やがては、乳製品・卵・大豆製品など多くの人が日常的に食べているものが食べられなくなっていきます。

 

さらに進行すると、ある種のフルーツや野菜・魚介類・ドリンク類・香辛料にさえアレルギー反応を示すようになります。

 

こうなってしまうと、何を食べてもお腹の調子を崩したり、他の体調不良が起きるようになりますから本当に大変です。

 

他の病気を併発していく

リーキーガット症候群の腸は、残留農薬・医薬品・化学調味料・病原菌などの毒素が漏れやすくなっています。

 

これらの毒素の漏れによって、もちろん血液は汚されますし、体中のあちらこちらに炎症が起きるようになります。

 

全身の炎症

 

特に血の流れの滞りやすい膀胱や尿道、前立腺、肛門などはダメージを受けやすい箇所です。その結果、慢性的な膀胱炎や前立腺炎、痔などに悩まされることになります。

 

さらに体の他の部位や脳に炎症が起きると、リウマチ・血管炎・皮膚疾患・糖尿病・慢性疲労症候群・うつ病などにつながっていきます。

 

また炎症が繰り返し起きると、細胞のガン化の原因になると言われますから、ガンのリスクも高くなります。

 

このように、カンジダ症によって引き起こされるリーキーガットを放置してしまうと、問題は単に過敏性腸症候群だけではなく、様々な疾患を併発していく可能性があるのです。

 

リーキーガット改善の第一歩を踏み出す!

過敏性腸症候群の症状と大きく関わっているリーキーガットですが、改善の第一歩はカンジダ菌を減らすことです。

 

そのために役立つのは、ココナッツオイルと乳酸菌のサプリメントです。

 

ココナッツオイルに含まれる成分であるラウリン酸は、カンジダ菌を殺菌する作用があることで知られています。また同じくココナッツオイルに含まれるカプリル酸は、カンジダ菌が腸壁にコロニーを築いて居座るのを防いでくれます。

 

ココナッツオイルは独特の風味が苦手な人も多いですが、以下のココナッツオイルサプリメントなら飲みやすくて続けやすいので、お子様にも最適です。
↓ ↓ ↓
日本初のココナッツオイルのサプリメントはこちら

 

さらにビフィズス菌とアシドフィルス菌という2つの乳酸菌は、カンジダ菌を食べる菌として有名です。

 

これら2つの乳酸菌を含む全16種の乳酸菌の力で、腸内環境全体をパワーアップしてくれるサプリメントが「乳酸菌革命」です。

 

乳酸菌革命公式ページ

 

乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

 

「乳酸菌革命」の強みは、1粒500億個という圧倒的な菌数で、しかも胃酸に強い耐酸性のカプセルが使われているところです。

 

「乳酸菌革命」に含まれるアシドフィルス菌はカンジダ菌に強いだけでなく、過敏性腸症候群の症状そのものを和らげるのに有効との研究報告もあります。

 

また同じく「乳酸菌革命」に含まれるビフィズス菌に関しても、症状緩和に役立つとの研究報告がありますし、ガセリ菌についてはストレス軽減効果が認められています。

 

過敏性腸症候群は精神的なストレスも大きく関係すると言われますから、この点でストレス軽減に役立つ乳酸菌ガセリ菌が含まれているのはポイントが高いと思います。

 

お値段も内容から考えると、「これでいいの?」と感じるほどお求めやすくなっています。

 

詳しくは以下のリンクをクリックしてご確認下さい。

 

乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

 

尚、このようなサプリメントはあくまで改善の第一歩であり、カンジダ症やリーキーガットの完治を目指すには他にも様々な対策を続けていかなくてはなりません。

 

関連記事:カンジダ症を完治させてリーキーガットを治す方法も併せてご覧ください。