発酵と腐敗、どちらも同じ?

腸内細菌の大切な働きに、食物を分解するということがあります。

 

食べ物の消化吸収の主な役割は小腸が果たしていますが、その残りカスについては大腸に数多く存在する腸内細菌が分解し、2次利用をしています。

 

面白いことに、善玉菌が食物を分解することは「発酵」と呼ばれ、悪玉菌が食物を分解すると「腐敗」と呼ばれます。

 

どちらも同じことをしているのですが、何だか不公平な気がしますね。

 

しかし、悪玉菌の仕事によって人体に有害なものが生産されてしまうので、不名誉な烙印もしょうがないところがあるのです。

 

悪玉菌と善玉菌の仕事の違いとは?

 

悪玉菌の多い大腸

 

悪玉菌は、食べ物に含まれていたタンパク質や脂質を分解することで、アンモニアや硫化水素など健康に害となる有害物質を作り出してしまいます。

 

そうした有害物質は腸壁を通って血液中に取り込まれ、体中を巡って様々な病気の原因となることがあります。

 

ですから、悪玉菌のやる仕事は「腐敗」と呼ばれ、人間からすると「悪」なのです。

 

一方で、善玉菌であるビフィズス菌は、食物に含まれる糖質を分解することで「酸」を生成します。

 

腸内で酸が生成されると、悪玉菌は減り、腸の働きが良くなるなど健康にいいことばかりなのです。

 

このようなビフィズス菌の働きが「発酵」と呼ばれており、発酵食品であるぬか漬けやキムチがつくられるプロセスと同じものです。

 

よく発酵食品を食べると体にいいといわれますが、ビフィズス菌が腸内でも発酵食品を一所懸命に作ってくれているのですから、ひいきにしたくなりますよね。

 

でも、悪玉菌だって必要な存在であり、全くいなくなってしまうとそれはそれで困ります。

 

腸内細菌はバランスが大事

善玉菌は悪玉菌との戦いがあるからこそ、十分の力を発揮できるところがあるのです。

 

さらに悪玉菌の中には、人体を特定の感染症から守ったり、幾つかの栄養素を合成する働きをするものがいます。

 

結局のところ、悪玉菌・善玉菌というのは人間の都合で名づけただけで、どの腸内細菌も欠かせない存在というわけです。大事なのはバランスです。
天秤のイラスト

 

ちなみに最も健康増進に役立つ腸内細菌のバランスは、善玉菌が20%,悪玉菌が10%,日和見菌が70%と言われています。

 

日和見菌とは、善玉でも悪玉でもないどっちつかずの細菌で、その時に優勢な側に味方する細菌のことです。

 

自分の腸内が理想の細菌バランスになっているかどうかというのは判断するのは難しいですが、悪玉菌は加齢と共に増えていきますから、基本的に善玉菌を増やす習慣を続けていくことが大切のようです。