リーキーガットを治すため最初にやるべきこと

リーキーガット → ガン・認知症

 

 

リーキーガットをそのままにしておくと、とてもまずいです。

 

何しろ漏れやすくなった腸壁から漏れてはいけないものが四六時中漏れてしまっています。

 

口から入った残留農薬やタバコの副流煙、大気中のダイオキシンなどの毒素が、腸壁から侵入し血液中にポタリポタリと垂らされている状態です。

 

それらの発ガン物質が全身を巡って、あちらこちらの細胞を損傷させ狂わせます。

 

今のところは体の特定の部位の炎症やアレルギー症状程度で済んでいるかもしれません。

 

しかし、何年も炎症を繰り返すうちに、修復の過程で細胞はガン化し、胃ガンや乳ガンなどを発症します。

 

また現在、うつの傾向があるなら、脳細胞にダメージを受けていますから、先では認知症につながる可能があります。

 

こうして気づかないうちに、腸からポタリポタリと漏れる毒物や病原菌が、あなたがガンや認知症になる道を日々歩ませているわけです。

 

他人と同じと思ってはいけません。

 

リーキーガットが起きている人は、他の人と同じように生活していても、蓄積されている毒素の量が違うのでガンや認知症になりやすいのです。

 

ガンや認知症になるなら、生活の質は極端に低下します。

 

普通には働けなくなり、家事も今よりもできることがずっと少なくなります。

 

最初はあなたを心配していた家族も段々と疲れてきて、厄介者扱いすることさえあるかもしれません。

 

もはや以前のように好きな旅行やショッピングもできなくなります。

 

医療費や介護費用がかさみ、家計を圧迫します。

 

親戚や知人からは憐れむような眼で見られ、ゲッソリ痩せて見た目も病的になり、男性としても女性としても自信の持てない外見として生きていかなくてはなりません。

 

その全てが今のリーキーガット(漏れやすい腸)から起きる可能性があります。

 

近い将来にそうならないためには、今すぐ腸の穴をふさがなくてはなりません。

 

腸の穴をふさぐ方法

 

腸の穴は薬物やストレスなど様々な原因でつくられますが、ほとんどの場合はカンジダ菌という細菌が関係しています。

 

リーキーガット症候群では、多くのケースでカンジダ菌の異常増殖が見られているのです。

 

まずはカンジダ菌と腸の穴が、どのように関係しているのかを知っておく必要があります。

 

カンジダ菌というと、女性の性器の病気である膣カンジダ症を思い浮かべる方もおられるかもしれません。

 

しかし、膣カンジダ症はカンジダ菌が起こす健康被害の一つにすぎません。

 

実際には、腸に起きているダメージのほうが大きく、それは気づかれることが少ないだけなのです。

 

カンジダ菌の異常増殖は男女問わずに起きます。

 

カンジダ菌は、仮根と呼ばれる男性器のような根を持っています。

 

そして、その仮根で腸の粘膜にドリルのように穴を開けていき、そこにマイコトキシンという毒素を分泌します。

 

カンジダ菌はさらに腸壁へと押し進んで細胞や刷子縁を破壊していき、腸壁にコロニー(巣)を形成していきます。

 

こうしてカンジダ菌により腸壁が破壊され、カンジダ菌の住みかとなってしまうわけです。

 

ですから、腸の穴をふさぐには、まずそこに居座るカンジダ菌を殺さなくてはなりません。

 

そのステップを飛ばして何を行なったとしても、あまり意味がないのです。

 

しかし、カンジダ菌は抗生物質では死にません。

 

なぜなら、カンジダ菌は正確には細菌ではなく、真菌というカビの仲間だからです。

 

では、どうすればカンジダ菌を減らせるのでしょうか?

 

カンジダ菌の天敵となる細菌がいるらしい

 

近年になってカンジダ菌を食べ殺してしまう菌がいることが発見されました。

 

それが、乳酸菌のアシドフィルス菌と一部のビフィズス菌です。

 

ですから、アシドフィルス菌やビフィズス菌を体内にたくさん摂り入れることが、カンジダ菌を減らし、腸の穴をふさぐことに役立ちます。

 

アシドフィルス菌によってカンジダ菌を大量殺戮すれば、やがて腸の穴も修復されやすくなります。

 

もはや発ガン物質やアレルゲンは腸壁を通過しにくくなりますから、炎症に悩まされることも少なくなることでしょう。

 

将来のガンや認知症を防ぐことにもつながります。

 

それだけではありません。

 

アシドフィルス菌やビフィズス菌には腸内環境を良好に保つ働きがあります。

 

腸内環境が整うことにより、肌もピチピチきれいになりますし、免疫力が高まります。

 

また腸内環境が整うなら、脳内伝達物質セロトニンやドーパミンがたくさん生成されるようになります。

 

これらの脳内伝達物質は、人をエネルギッシュで包容力のある精神状態にしてくれます。

 

つまり、アシドフィルス菌とビフィズス菌を摂取し続けることで、現在の体調不良から解放されるだけでなく、

 

将来のガンや認知症のリスクを減らせるだけでなく、

 

肉体も外見も精神状態も魅力的な人間になれるということなのです。

 

男性はより男性らしいオーラによって、まわりから一目置かれてモテるようになり、

 

女性は女性らしい美しさで何歳になってもまわりから愛される存在となることができます。

 

アシドフィルス菌・・・

 

乳酸菌の一つにすぎませんが、あなどれないですね。

 

アシドフィルス菌(ラクトバチルスアシドフィルス)を含むサプリメントは国内産ではとても少ないのですが、以下のサプリはコスパも良くて安心して飲めます。
↓ ↓ ↓
コスパのいいアシドフィルス菌配合サプリはこちら

 

尚、カンジダ菌は腸壁に巣をつくっているため、なかなかしぶといです。

 

アシドフィルス菌を飲み始めたら、最低でも3ヵ月ぐらいは続けてみてください。

 

またカンジダ菌の逃げ場をなくすためには、ココナッツオイルを併用して摂取することが効果的です。詳しくはこちらをご覧ください