遅延型フードアレルギー

好きな食べ物が体調不良を引き起こす

パンを美味しそうに食べる女性

 

一般的な食物アレルギーとは別に、隠れた食物アレルギーがあるのをご存知でしょうか?

 

それが遅延型フードアレルギーです。

 

病院で通常行なわれるアレルギーの検査では、血液中のIgEという抗体を調べるもので、食べてから15分〜30分以内に症状が出る即時性のアレルギーが対象とされます。

 

一方、遅延型フードアレルギーは血液中のIgGという抗体が関係しており、これは一般的なアレルギー検査では分かりません。

 

この遅延型フードアレルギーが難しいのは、食べて数時間〜数日だって発症するため、本人も食物アレルギーだと気づきにくいという点です。

 

その症状も様々で、便秘・下痢・肌荒れ・鼻水・むくみ・頭痛・イライラ感・憂うつ感・慢性疲労・口内炎・筋肉痛・関節痛などがあります。

 

これらはアレルギーでなくとも経験する日常的な不調なので、なおさら食べ物が関係しているとは気づきにくいのです。

 

しかし、遅延型フードアレルギーの原因となっている食品をしばらく制限したら、驚くほど体の不調が少なくなったという人が多くいます。

 

もしあなたが病院でいくら調べても分からない原因不明の不調に悩まされているとすれば、遅延型フードアレルギーがあるのかも知れません。

 

遅延型フードアレルギーの原因は?

遅延型フードアレルギーの検査を行なっている一つの研究所では、7年間1300人の患者さんを対象にして検査したところ、その7割以上でアレルギー反応が出たそうです。

 

ですから、現在何らかの体調不良を感じているのであれば、それが普段の食べ物からきている可能性が大きいといえます。

 

一般的な食物アレルギーでは、卵・小麦・エビ・そば・ピーナッツなどの食品が原因物質となることが多いですが、遅延型フードアレルギーでは、コーヒーや米・フルーツやゴーヤまで多様な食材が原因物質となることがあります。

 

これは、遅延型フードアレルギーが毎日食べているものや好んで食べているものによって引き起こされているケースが多いためです。

 

特に検査結果で複数の食品に対してアレルギーがある場合には、リーキーガット症候群が起きており、腸粘膜が荒れています。

 

その結果、未消化の食べ物が腸壁を透過して血液中に入り、それに対する抗体がつくられて原因物質と結合します。そのような免疫複合体が体に蓄積していって一定限度を超えたときに、体のあちこちで炎症が起き、多様な症状が出始めるのです。

 

遅延型フードアレルギーの場合は、アレルゲンとなっている食品を3ヶ月〜1年避けたり減らしたりすることで、症状が改善されることが多いようです。

 

その後は、量を調節していけばアレルゲンとなっていた食品もまた食べられます。

 

納豆やゴマや卵やヨーグルトなど、健康に良いと思って毎日食べているものほど、このアレルギーを引き起こしやすくなりますから、逆効果の健康習慣を続けないためにも一度検査を受けておくとよいかもしれません。

 

遅延型フードアレルギーの検査を受けるには?

遅延型フードアレルギーの検査に対応している病院はまだ多くありませんが、探すと近隣地域でも幾らかは見つかります。

 

費用としては4万円前後のところが多く、保険適用はありません。

 

検査では96品目の食品アレルギーを調べるために、少量の血液を採取し、それがアメリカの専門機関へ送られます。

 

結果はおおよそ4週間後に分かりやすいグラフの形で送られてきます。

 

自分で検査できるキットも販売されており、このキットを使えばやや低額で実施できます。

 

遅延型フードアレルギー検査キットの詳細はこちら

遅延型フードアレルギー記事一覧

保険適用がないため病院で検査を受けると少々お高い遅延型フードアレルギーの検査ですが、キットを使って自分でやると少し費用が抑えられるようです。それに自宅でいつでも...